肝機能を改善するための基礎知識

tishiki

肝臓は人間の体の中で最も大きい臓器で、成人男性で1.2~1.4キロ、女性で1~1.2キロほど。胃と隣り合った、体のほぼ中央位置にあり、右の肋骨に覆われています。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるように、多少機能が低下して肝機能が不調になっても自覚症状が出にくいため知らず知らずのうちに肝臓を酷使してしまう場合が多くあります。

気づいた時には肝臓の病気になっていた、なんていうことにならないためにも、日頃から肝臓をいたわって肝機能を改善しておきたいものです。

肝機能の改善を目指すための基礎知識として、まず肝臓の役割、機能はどんなものなのかをまとめてみましょう。肝臓は体内の化学工場と呼ばれるほど、とてもたくさんの役割があり、500以上の仕事をこなしている非常に重要な臓器ですが、その中でも特に主要となる働きは次の3つです。

●栄養の代謝・貯蔵
小腸で吸収された糖分、脂肪分をエネルギーに変えて貯蔵したり、またタンパク質、グリコーゲン、脂肪を合成・分解して蓄え、必要な時にエネルギーとして使うために体内に送り出します。
●解毒作用
体内に入ったアルコールや薬物などの毒素を分解し、無毒化します。肝機能が低下するとアルコールの解毒作用も低下し、アルコールに含まれる有害物質アセトアルデヒドが分解されずに体内に残ってしまい、二日酔いの原因になります。
●胆汁の生成・分泌
十二指腸で脂肪の消化をする時に必要になるのが胆汁で、肝臓ではこの胆汁を生成しています。肝臓にたまった不要な物質を使って、1日に700?1000ccの胆汁が作られています。肝臓で作られた胆汁は胆嚢に貯蔵されて濃縮され、食べたものの脂肪量にあわせて必要な量が十二指腸に放出されます。

肝臓にまつわる症状たち

肝臓には実にたくさんの働きがあります。肝機能に障害があると、疲労・倦怠感、食欲不振、微熱、むくみ、かゆみ、黄疸などさまざまな症状がでてきます。

肝機能の障害を放置してしまうと、肝炎や肝硬変、肝臓がんなどに進行することもあります。健康な身体を維持するためには、肝臓をケアし、肝機能を改善することが重要になります。

日常生活で実践できる改善法

肝機能を改善する近道は、生活習慣の改善です。具体的に、日常生活でどのようなことに気をつければよいかをまとめてみました。

●規則正しい食事
肝臓への負担を減らす一番の近道は、規則正しい食事で過剰な栄養を減らすこと。食べ過ぎなどは、過剰な栄養の処理に追われてしまい、肝臓を疲労させてしまいます。食事はよく噛み、腹八分目の量にするように心がけましょう。
●アルコールを飲み過ぎない
日本人は欧米人に比べて肝臓が小さめで、肝機能障害を起こしやすい体質。また日本人の約4割はアルコールを分解する酵素が不足しており、度数の強いお酒などは肝臓への負担が大きいので、日頃から飲み過ぎないように注意が必要です。
●良質なタンパク質を
肝臓が弱るとタンパク質の消費が増えるため、体内のタンパク質の生産が減ってしまいます。肝臓を元気に保つには大豆など良質なタンパク質を意識して摂るようにしましょう。
●睡眠不足・夜更かしを避ける
寝ている姿勢は、立っている時に比べて肝臓をめぐる血液の量が約1.7倍も増えます。血液量が増えると肝臓への栄養の供給量も増えるので、肝機能が改善されます。また、夜更かしは自律神経のバランスを崩しがちで肝臓に悪い影響を与えます。
●ストレスをためない
ストレスが増えると交換神経が興奮し、内臓の血液量が減ります。肝臓に巡る血液量も減ってしまうので、肝機能の低下につながります。ストレスをためないことは、肝機能の改善に重要なのです。

gujdhsdnls

改善のために、食生活を見直そう

肝機能が不調のまま放っておくと深刻な肝臓の病気に進行してしまう恐れがあります。肝機能を改善するには、生活習慣の中でも特に食事に気をつけることがいちばん重要。基本は、バランスのよい食事をすることですが、具体的に気をつけたい […]

続きを読む