改善のために、食生活を見直そう

sauhkajbjhvdhbsds

肝機能が不調のまま放っておくと深刻な肝臓の病気に進行してしまう恐れがあります。肝機能を改善するには、生活習慣の中でも特に食事に気をつけることがいちばん重要。基本は、バランスのよい食事をすることですが、具体的に気をつけたいポイントをまとめてみました。

●肉より魚。カロリーはできるだけ抑えて。
揚げ物や油を多く使用した炒め物などは高カロリーになってしまうので、できるだけ油を使わない調理方法を工夫しましょう。また、良質なタンパク質をしっかり摂ることは肝機能の改善に大いに役立ちますが、同じタンパク質でも肉より魚のほうがカロリーが低いので、魚を中心とした食事がおすすめです。
●野菜をたっぷり、炭水化物は控えめに。
ご飯や麺、パンなどの炭水化物は食べ過ぎると血糖値や中性脂肪が高くなります。野菜は低カロリーでしかも血圧を整える働きもあるので、1日3度の食事には毎食、たっぷり食べるようにしましょう。野菜をメインにしたメニューにすると、カロリーや脂肪の摂りすぎも防止できます。
●甘いものは、お菓子よりフルーツを。
疲れたときなど、たまに甘いものが食べたくなる時がありますが、お菓子は量の割に高カロリーなので、カロリーオーバーになりがちなので要注意。どうしても甘いものが恋しくなったら、お菓子よりもフルーツがおすすめです。フルーツも果糖を含んでいるので食べ過ぎは禁物ですが、ビタミンや食物繊維なども含んでいるので健康と美容の維持にも役立ちます。
●タバコはNG。お酒は休肝日を設けて。
肝臓だけでなく健康のためにもタバコは禁煙がベスト。お酒も飲み過ぎは肝臓に負担をかけてしまいますので、週に1日?2日はお酒を飲まない日をつくるようにしましょう。